「できない」は禁句

一般的に不可能だと言われている加工でも、お客様からの図面で指示があるなら、敢えて挑戦するのが私たちです。 お客様のニーズが日々変わっていくのは当たり前です。 そこで「できない」と言ったら、我々もそこまでということになります。 他ではやれないことをやる。 そして、受けた以上は、これまで培った技術を総動員して対応し、「できない」ではなく、「できるには」の精神で、取り組みます。 それがOHBASEIKENです。

「問題」という「幸福」

これまで様々な製品に携わり、様々な問題にぶつかってきました。 新材料の研究・採用が進む現在、中には今まで培った技術でも解決できない問題などもあります。 問題が出たことで大変さは倍になるかもしれませんが、その問題を乗り越えたことによって新しい組織に生まれ変わるのです。 お客様からすれば問題はないにこしたことはありませんが、その分だけ成長できると考えれば、問題を幸福と呼ばずなんと呼びますか? そう私は考えます。

予測という、経営者としての役割

私たちの場合、お客様からの注文があってはじめてビジネスが成立します。 ですが、注文が来るのを待っているだけかといえば、決してそんなことはありません。 これからどのような加工や精度が必要とされるのかを常に予測し、そのための準備を怠らない。 これは加工メーカーの経営者として当然の役割だと思っています。

技術とは結局、人

ずっと精密加工に携わってきて実感するのは、技術とは結局人なんだということです。 企業間に差があるとすれば、それは機械の差ではなく人の差なのです。 ですから大羽精研では様々な経験を積んでもらい、どんな困難な加工にも恐れずに立ち向かっていける人材を育てています。